オーダーシャツのビッグヴィジョン
オーダーシャツ店舗

ワイドカラーのオススメ

担当の緑川です。今回はワイドカラーのお勧めです。
既にレギュラーカラーと同じく定番化して、雑誌MEN'S EXやLEONなどでも紙面に登場のうち7割は占めているであろう“ワイドカラー”。
襟の開きが大きいので、ネクタイを締めた時に標準のプレーンノットや大きめのウインザーノットでも
受け止めてくれる、使い勝手の良いフォーマル度の高い襟型です。


◇生地はブロードクロスかオックスフォードが定番で、できれば生地の素材はコットンがオススメです!スーツやネクタイが、シルク、ウール、カシミアなどの天然素材を使う場合、シャツも天然素材で併せたほうが着心地はもちろん、見た目の雰囲気もグッと良くなります!!

生地でフォーマル度も変わります。定番はブロードクロスです。経糸(たていと)と緯糸(よこいと)に良質な綿糸(40番手双糸または60番手双糸)
を使った平織りの綿織物。この番手という数字が多いほど細かく光沢がありなめらかになる一方、シワがつきやすく耐久性が薄れます。
ビジネス向けは120双と、書いてあることもありますが、80双でも全然大丈夫だと個人的には思います。120双あるとかなり高級シャツですね。
さて、耐久性があるのはオックスフォード。斜子織りともいい、たて糸、よこ糸を2本ずつ引き揃えて平織りにした生地。ブロードクロスより少しスポーティな印象になります。
他に最近はフランス綾やヘリンボンの織り柄で生地に表情を取り入れたものも、トレンドになってますね。