オーダーシャツのビッグヴィジョン
オーダーシャツ店舗

機能素材のご紹介

担当の緑川です。今回は機能素材、“COOL MAXと“ALSACE”のご紹介です。
今の時期、春は近づきつつありますが、朝晩の寒さはまだ残っています。皆さんも肌着やセーターなど重ね着をして体温調節されているかと思います。

先日、新聞に『誤った重ね着は体を冷やす』との記事が載っていました。直接肌に触れる肌着には自然素材をと意識されている方も多いと思いますが、朝の通勤電車など寒さのため着ぶくれしている人がまだ目立ちます。
電車内と外気との温度差に、体が必死に対応しようと汗をかいている人の姿も見受けられます。

「汗でぬれたものを着ていると、気化熱で体温を奪われる」とはアウトドア関係者の方のご指摘です。「綿は保水する素材なので、汗をかいたときなどに体温が奪われやすい。冬場に重ね着するのなら、汗や水蒸気を熱に変えられる機能性肌着を一番内側に着たほうがいい」と説明されていました。

会社内でも場所によって暖房の効きすぎる所とそうでない所もありますね。
そんな時にこちら!今回ご紹介させていただきます
“COOL MAXと“ALSACE” 暑がりの方(^▽^;)にはもちろん、暑がりでない方もこちらはポリエステル配合なので摩擦に強く、しわになりにくい。アイロンかけも楽に行えます!
こういった機能素材のシャツで温度調節されてみるのもひとつの考え方かもしれません。お店に生地サンプルのご用意もございますので、お手に取ってみてください。