オーダーシャツのビッグヴィジョン
オーダーシャツ店舗

靴の日

担当の緑川です。今日3月15日は靴の日です。
季節の変わり目は雨が降りやすく、お気に入りのスーツに合わせる革靴を選ぶときには、天候に左右されますね。。そろそろ雨の日用の靴を探さなければ!と考えているこの頃です。

まず靴の日の《歴史》ですが、1870年(明治3年)3月15日、東京築地に初めて近代的な靴の工場ができ、国内で靴の製造が始まりました。近代日本の文明開化の一拠点となった「築地居留地」は、明治初期の東京に忽然と現れた西洋の街でした。各国の外交官が行き交い、教会が建ち、多くのミッションスクールが誕生し、ここから新しい文明の息吹が東京中に広がっていきました。現在の築地・入船・湊 の町々で、ホテルや商館ができると共に、西洋の生活用品を作り、商う日本人も増えてきました。

今や我々の生活必需品となった靴の製造も、この居留地設置と時を 同じくして隣の町で始まりました。明治3年3月15日、千葉県佐倉の藩士西村勝三が大村益次郎から奨められ、日本で始めての西洋式の靴の工場を築地の入船町に創設したのです。
この日が「靴の記念日」となり、最初は軍靴を大量に造っていましたが、華やかな鹿鳴館時代の服装にふさわしい紳士・淑女の靴も造られました。勝三氏は続いて製革業をおこし、一方では洋服に強い関心を持ち、新時代のショッピング街銀座に初の洋服裁縫店を開いています。


「靴の日」に関して調べていると“東京の靴つくり”さんのサイトが、物作り心をくすぐられるイメージで興味深かったので、リンクを張らせていただきます。

ちなみに当ビッグヴィジョンでも、ファッションアイテムの一つとしてYANKO(ヤンコ)の靴を取扱っております。(※取扱い店舗限定です)こちら→「日比谷店」「エソラ池袋店」