オーダーシャツのビッグヴィジョン
オーダーシャツ店舗

語源

担当の緑川です。今日は“ワイシャツとカッターシャツの語源”についてご紹介いたします。

初めてカッターシャツという言葉を聞いた時に見た商品は、たしかアロハシャツのようであり、折り紙のやっこさんのような
形をしていました。

まず、ワイシャツの語源はホワイトシャツが訛ったものという説が大半です(主に東日本)。
次にカッターシャツですが、調べたところ大正7年(1918年)、スポーツ用品メーカー『美津濃(現ミズノ)』さんによって
作られたスポーツ用シャツで、もとは商標名でした。創業者の水野利八さんが縁起を担ぎ「勝った」をもじった造語と説明されていることが多いです。
もう一つは仕立て用語で英語の「cutter」と関連付けている説もあります。
どうりで、関東地方でカッターシャツはあまり耳慣れない言葉だなぁとその時は思っていました。

余談ですが、他にも西と東で違った呼び方をするパーツもありますね、衿腰‐台衿や、手口‐剣ボロなどがそうです。