オーダーシャツのビッグヴィジョン
オーダーシャツ店舗

クレリックカラー

担当の緑川です。最近だんだんと日中は蒸し暑くなる陽気になりました。
今回はクレリックカラーシャツのご紹介です。
クレリック・カラーとか、クレリック・シャツと呼ばれるものがあり、クレリック(cleric)には、僧・聖職者といった意味があります。

例えばシャツの身頃がブルーで、襟がホワイトであるような場合にクレリック・カラーといいます。ブルーだけではなく他の色やストライプ、チェック柄のものもあります。また、襟だけでなく袖口のカフスもホワイトになっていることが多いです。


昔のシャツは付け襟でしたので、その名残を感じさせます。1920年代までのシャツは台襟があって、そこに襟を取り付けて着る習慣がありました。「アタッチト・カラー」と呼ばれ、汚れが目立ちやすい襟だけを外して洗濯したのです。当然傷みが早いので、いくつもの襟を所有することになります。それは必ずしもシャツの身頃と同じ生地や色ではなく、ホワイトが多かったそうです。


男性の服はシャツに限らず、古典的な背景のあることが好まる傾向にあります。クレリック・シャツもそのようなクラシックなデザインから誕生したものと理解できます。特にラウンド・カラーのものは、1920年代以降の英国紳士たちの間で大流行していました。いわゆるブリティッシュ・トラディショナルですね。


☆写真掲載シャツの品番は、こちら↓↓↓
・黒×グレーが〈ZA2-4087〉
・ネイビーストライプが〈ZA1-0016〉
・水色無地(生地は清涼感あるボイルです)は〈ZA5-4013〉


すべてのシャツ生地は、綿×ポリエステルなので、しわになりにくく洗濯やアイロンのお手入れも(綿100%に比べ)楽に行えます!
☆お値段は “2枚で”9,800円 とお買い得な価格です。

今回、ネクタイを合わせておりますが、衿型がドゥエボタンダウンなので、これからのクールビズ時期にはノーネクタイでのコーディネイトとしても、対応できますね。