オーダーシャツのビッグヴィジョン
オーダーシャツ店舗

クレリックシャツ(cleric shirt)は和製英語って知ってましたか?

 

クレリックシャツ(cleric shirt)をご存知ですか?

 

身頃が柄または色無地で、衿やカフスが白無地になっているシャツの事です。

 

クレリックシャツと呼ばれるようになったルーツは諸説ありますが、ひとつは、「CLERIC」とは「牧師・神父・聖職者」を意味する言葉で、牧師が着ていた白い立ち衿の僧服に似ているところから名付けられたという説です。

 

クレリックシャツは和製英語で、英語での正式名称は「カラーセパレーテッドシャツ」「カラーディファレントシャツ」「ホワイトカラーシャツ」と呼ばれています。元はドレスシャツとしてではなく労働着として着られていて、汚れたり擦り切れたりしたら衿(あるいは袖)のみを取り替えられるように汎用性の高い白生地にしたという事です。

 

日本でクレリックシャツと呼ばれるようになったルーツは諸説ありますが、ひとつは、「CLERIC」とは「牧師・神父・聖職者」を意味する言葉で、牧師が着ていた白い立ち衿の僧服に似ているところから名付けられたという説です。

また、牧師などが着る白い立ち襟のことを「クレリカルカラー」と呼ぶので、「クレリカルカラーシャツ」がクレリックシャツになった説も有りますが、牧師さんがルーツなのは間違いないようです。

元は労働着から由来したという説や、フォーマルシャツとは白無地のシャツと言われていることから、クレリックシャツはフォーマルシャツではないという意見もありますが、白無地の無表情さにくらべるとエレガントで慶事の着用は良いかと思います。

 

このクレリックシャツは、1920年代にイギリスで流行して英国王室でも愛用され、2005年の英チャールズ皇太子が結婚式で着たことで英国王室が認めるフォーマル服の仲間入りをしたという見方もあります。

 

ロンドン紳士たちの間で大流行していただけに、英国調のクラシックイメージを醸し出すには最適。ブリティッシュトラディショナルで決めれば、いつもと違う男のダンディズムが漂います。

 

また、クレリックシャツは衿とカフスが白で清潔感のある雰囲気を醸し出し、上品でドレッシーに見えるので女性からも評価も高いと思います。

衿とカフスが白なのでネクタイも合わせやすく、色々とコーディネートが楽しめる万能なシャツです♪

写真のシャツ:ZC2-3022 ブルー ヘリンボーン

写真のネクタイはこちら

 

お気に入りのシャツの衿やカフスが擦り切れたり汚れて、泣く泣く手放した事は有りませんか?

 

ビッグヴィジョンのオーダーシャツでしたら、衿やカフスをそれぞれ1,500円で新しい白い生地に交換する事が可能です。お気に入りのシャツが新たにクレリックシャツとしてよみがえります!

 

ぜひ、一度お試しください。