オーダーシャツのビッグヴィジョン
オーダーシャツ店舗

ワイシャツとカッターシャツの違いご存知ですか?

ワイシャツとカッターシャツの違いご存知ですか? シャツのウンチク

 

クールビズも始まり、東京では連日の暑さもありシャツ姿の人が目立ってきていますが、皆さんワイシャツとカッターシャツの違いをご存知ですか?

 

両方ともビジネスで着用されるシャツの呼び方なのですが、長野県辺りまでの東日本がワイシャツ、岐阜県から西日本がカッターシャツと呼んでいます。

さらに「愛知・大阪・兵庫・福井・富山」は、大人がスーツの下に着るのを「ワイシャツ」、学生が学生服の下に着るのは「カッターシャツ」と分けているようです。

 

ワイシャツの語源は英語の「White shirt(白いシャツ)」から生まれたもので、発音がホワイ・シャツで、しかも、「ホ」が日本人には聞き取り辛くワイ・シャツと聞こえてしまいます。 そのため、ワイシャツとなったという事です。襟をはずした時の身ごろがYの字なので「Yシャツ」と言う説も有りますが、ホワイトからの由来が正解です。

 

かたやカッターシャツの由来は、1918年(大正7年)に洋服メーカーの美津濃(現:ミズノ)が新しくスポーツ用シャツを売りす時、美津濃の創業者・水野利八さんが野球観戦の時に、「勝った、勝った」と喜ぶ観客からヒントを得て「カッター(勝った)シャツ」というネーミングを思いついたそうです。

この商標が一般化して関西を中心とする西日本で用いられて現在に至っています。「カッターの意味はボートのカッター競技(レガッタ)用に開発されたシャツから来ています。」と言う説もあるようですが、「勝った」シャツからが正解です。

 

ミズノのHP(History・1900sの一番下)にカッターシャツ発売当時の広告が掲載されていますが、春の軽装「カッターシャツ」ハイキングに、テニスに、事務用に、と紹介されています。

一緒に、春から夏にかけて「ノー・タイシャツ」服装革新、清涼シャツ、とオープンシャツも紹介されていて、100年前に「クールビズ」を提案していたのですね!

同じころに美津濃は「オーバーセエター、ボストンバッグ、ランパン」等のネーミングのアイデア商品を販売しています。創業者の水野利八さんはかなりのアイデアマンだったようです!

 

ちなみに、ワイシャツは和製英語で海外では通用せず、ビジネスで着るタイプのシャツは「dress shirt」、礼装用のシャツは「boiled shirt」と呼びます。