オーダーシャツのビッグヴィジョン
オーダーシャツ店舗

オリエンタルノットをご存知ですか

オリエンタルノットで結び目をコンパクトに

 

春夏、秋冬それぞれに季節感を演出してくれるネクタイと言えばニットタイ。ビジネスカジュアルのジャケパンスタイルに最適ですが、どうしてもノットが大きくなってしまうことがありませんか?

 

そこで、簡単に誰でもニットタイを小さく結べる「オリエンタルノット」をご紹介します。

STEP01:タイは裏向きでシャツ衿に通す

 

普通はネクタイを結ぶときは、大剣も小剣も表になるようにシャツの衿に通しますが、オリエンタルノット表裏を逆に(裏面を上に)して首にかけます。大剣の上に小剣を重ねるので、プレーンノットと逆です。

 

STEP02:大剣を小剣に巻き付ける

 

大剣を小剣の上から回して、反対側に持っていく。

 

STEP03:大剣を結び目になる部分に通す

 

小剣に大剣を1回結びつける要領で、大剣を結び目になる部分に通します。ここでディンプルを作って、形を整えておきましょう。

大剣が表になった状態でループに通します、小剣は裏返ったままでOKです。

 

STEP04:形を整えて完成です

 

小剣を引いて衿羽根に収めたらたら完成です。一回結びなのでノットに使う生地量が少ないため、ニットタイなのにキュッっと小さく結べます。通常のプレーンノットと比べてみてください、スッキリとしていますね!

 

ただし、裏にして衿に通すのでニットタイに有る滑りを良くする布が役に立たず、ネクタイをずらしにくいのでご注意ください。

 

あと、プレーンノットは小剣を引いてほどくと、大剣がするりとほぐれますが、オリエンタルノットはノットが結んだままになるので解きにくいと感じるかもしれません。ぎゅっと結んでしまってノットが固結びになってしまわないようにしてください。