オーダーシャツのビッグヴィジョン
オーダーシャツ店舗

2016年3月 オーダーシャツブログ

2016年

3月

28日

オススメの生地・CANCLINI(カンクリーニ)

担当の柳川です。

 

イタリア/コモにある1925年創業の名門シャツ地専業メーカーのCANCLINI(カンクリーニ)。エルメスをはじめ、ゼニア、ディオール、ヴィトン、カナーリ等々世界中のセレブブランドに納入されている高級素材。日本でも伊勢丹メンズ館・阪急メンズ東京、等で採り上げられたことをきっかけに人気に火がつき、国内では若者に圧倒的な人気のあるブランドです。織りは平織りのブロードから綾織り、オックスフォード、ドビー織りまで各種取り揃えました。また、イタリアメーカーらしい、ピッチの狭いストライプにスカル柄(ドクロ)を散りばめた遊び心の有る生地も有ります。

素材感は、光沢感が強くしなやかで肌触りが非常に柔らかいのが特徴です。特に、オックスフォードなどは一般的なオックスフォード綿とは次元の違う光沢感、肌触りですので騙されたと思って一度試してみてください。

 

4/3(日)まで、通常1枚18,000円のところ、1枚13,000円、2枚なら21,000円。

百貨店では20,000円前後のオーダーシャツなので、かなりお買得になっています。

決算在庫一掃2着セール

 

皆様のご来店をお待ちしています。

2016年

3月

21日

春分の日

担当の緑川です。昨日3月20日は春分の日、お彼岸の中日でした。今年こそはお墓参りに!!と毎回意識しているものの、(場所が信州で少し遠いので..ということを理由に、)なかなか実行できず月日だけが経ってしまっています。。
次こそはきちんとお墓参りをしてご先祖様を供養したいと決意いたしました。

さて春分の日といえば“ぼたもち”を食べられる方もいるでしょう。お彼岸の供え物として定番ですが、その由来については、春は牡丹の花が咲く季節から「牡丹餅」、秋は萩の花が咲く季節から「おはぎ」と区別されるようになったそうですね。おはぎもぼたもちもともに、花の色と形を見立てたと言われております。

また、この春分の日を境に日照時間も長くなります。桜をはじめ春の花も見ごろとなってきます。帰宅途中の道も、寒くなくなってきました!!ビッグヴィジョンでは4月2日まで決算セールを行っております。なんと“2着”でのお値打ち商品が多数、その他新商品もございます。年度が変わる前にぜひお支度ください。お待ちしております。

2016年

3月

18日

決算在庫一掃2着セール開催します♪

2016年東京の開花予想は19日からの3連休中なので、お花見の計画を立てている方もいらっしゃると思います。桜の開花と共にビッグヴィジョンでは決算在庫一掃2着セールを開催します。

 

スーツだけでなくオーダーシャツもお買得になっていて、世界のブランド、「トーマスメイソン・アルビニ・カンクリーニ」のオーダーシャツが、通常価格18,000円のところ、2枚で21,000円と1枚あたり10,500円となっています。大変お買得なので今年のクールビズは上質なシャツでキメてはいかがでしょう。

 

新しく販売を開始した、エジプト産超長綿を国内で織り上げた「GIZA」もオススメ!

しなやかさと光沢感を店頭でお確かめください

 

他にも、お買得なオーダーシャツが色々と有り、幅広い品揃えで皆様のご来店をお待ちしています。

2016年

3月

15日

イタリアンカラー(ワンピースカラー)はいかがです

担当の柳川です。

 

クールビズで人気のイタリアンカーラのご紹介です。

 

別名「ワンピースカラー」とも呼ばれ、台衿と言われる部分が無く、衿と前立ての裏部分がオープンカラーのように1枚の生地でつながって出来ています。

 

イタリアンカラーの最大の特徴は、何といっても衿から第一ボタンにかけてできるきれいなロール。

 

ノーネクタイでもカジュアルに成り過ぎず、大人の色気を醸し出してくれます。

 

イタリアの伊達男をイメージして、思い切った生地で仕立ててみてはいかがでしょう。

 

カンクリーニ SH405-06 白地にブルーを基調としたリバティープリント

 

ビジネスシーンでも、個性を発揮してファッションを楽しみましょう。

2016年

3月

12日

花粉症の緩和に♪

担当の緑川です。つい先日までアレルギー性鼻炎や結膜炎は、花粉症ではない!と思い込んでましたが、立て続けにくしゃみが出ることがあり、まさか!?と思い、花粉症とは?を検索したところまさしく自分の症状がそれでした、、(汗)

 

今日は、その花粉症の緩和に役立つ情報をご案内いたします。
この時期、テレビなどでもよく花粉症について紹介されており、それによると原因は花粉だけではないらしく、ハウスダストやストレスも影響しているそうです。放っておいても自然に治ることはないらしく、予防や対策それに生活習慣の改善も必要なのだそうです。

 

そこであるサイトを見つけたところ、下記の食べ物が花粉症の緩和に効果のある食べ物・飲み物として紹介されていました。

 

・ヨーグルト-ビフィズス菌の摂取が効果的です(日に200ml)

・れんこん-含まれる栄養素には、抗アレルギー作用や鼻の粘膜を覆ってくれたりする効果があるそうです。

・シソ-アレルギーを引き起こさないようにするαリノレン酸が入っている。

・トマト-“生でなく”加工されたジュースや缶詰が良く、リコピンが症状の緩和をします!!

・梅-抗ヒスタミン剤と似たような効果があるそうです。

 

・その他飲み物ですが、甜茶にはGODポリフェノールが含まれており、ルイボスティーには老化や免疫力低下の要因の一つとされる活性酸素を抑えるう成分が含まれています。さらにビタミンCがレモン果汁の20倍以上といわれるローズヒップティー、これはたいへん効果があるそうです。

 

加齢が進むと、向き合っていかなければならない生活習慣病?も増えてきますが、できるだけの予防はしておきたいものですね。

 

ちなみに、最近流行の予防法は「綿棒で鼻の中にワセリンを塗りたくる」だそうです。皆さんもぜひお試しください。

2016年

3月

08日

桜餅と桜色のシャツ

担当の柳川です。

 

春の和菓子のひとつ「桜餅」

 

2種類有るのはご存じかと思いますが、呼び名を知っていましたか?

 

私は先日まで知らなくて、最初「道明寺」と言われた時は・・・

 

「花より男子」の道明寺司を思い浮かべてしまいました。(^_^;)

 

写真の左が「道明寺」で右が「長命寺」

 

「道明寺」は、つぶ餡をもち米から作った「道明寺粉」で包んで、

桜の葉でくるんだタイプ。「関西風」「上方風」とも呼ばれています。

 

「長命寺」はこし餡をクレープの様な薄皮で包んで、塩漬けの桜の葉でくるんだタイプ。

関東では桜餅と言えば「長命寺」の事で、「関東風」「江戸風」とも呼ばれています。

長命寺と言うお寺の門番の方が、隅田川沿いの桜の葉で作ったのが名前の由来だそうです。

 

春を感じさせる香り高い桜の葉、柏餅と並んで季節を感じさせる和菓子ですね♪

 

ちなみに、桜の葉っぱは「食べる派」ですか?

「食べない派」ですか?

 

私は「食べる派」なんですが、桜餅を販売しているお店のホームページでは、

「葉をはずして、お餅にうつった桜葉の香りと餡の風味をお楽しみください。?

桜葉は、お餅の香りづけと乾燥を防ぐためにつけてあります。」と有りました。(^^ゞ

 

 

さて、春を感じさせるのは桜餅だけでは有りません。

 

シャツやネクタイも桜色にしてみてはいかがです。

 

THOMAS MASON SH712-03 ヘリンボーン ピンク

 

CANCLINI SH402-03 ヘリンボーン ペールピンク

 

ネクタイはこちらでご紹介しています。