オーダーシャツのビッグヴィジョン
オーダーシャツ店舗

オーダーシャツができるまで

生地・デザイン


生地・デザインもお客様と一緒に決めてゆきます。ボタンダウンやスナップダウンなど、当店がご用意している各デザインの中から、お好みでお選びいただき、オリジナルのシャツをお作りします。


採寸


オーダーシャツは既製品のシャツとは違い、手の長さ、肩幅、首周りなど1人1人のお客様の体のサイズに合わせてシャツを作っていきます。


採寸データ入力


ビッグヴィジョン各店舗から送られてくる採寸データを基に、入力作業を行います。


CADデータ作成


サイズやデザインパターンの作成は、CADを使用しています。お客様のデーターを入力してコンピュータで自動的に各パーツのサイズを決めます。CADを使うことにより、生地を効率よく裁断でき、コストや品質向上につながります。

CAD:computer aided design(コンピュータ支援設計)


CAMでの裁断


CADで作られたデータを基に、CAMで生地の裁断をします。上からビニールシートを掛け、下からバキュームで吸い付けて生地が動かないようにして、小さなパーツ一つに至るまで自動で裁断していきます。

CAM:computer aided manufacturing(コンピュータ支援製造)


衿作り


衿のハネと衿台を縫い合わせているところです。異なるカーブを縫い合わせる熟練度の要求される工程です。


カフス作り


芯地を糊付けし生地に貼り、カフスの地縫をします。カフスのステッチ等も入れて行きます。


ポケット作り&ポケット付


型紙を使用してポケットの形を作り、生地の柄合わせをしながら縫いつけます。


前身ごろ作り


1枚ずつアイロンで折りながら作っていきます。


袖付け

 

ポリエステル混紡等、本縫いミシンでは縫いシワが出る生地は、インターロックで縫製します。綿100%の天然素材の生地を縫製するときは本縫いミシンで縫います。


裾の仕上げ


3mmの三巻で仕上げます。裾を巻きながら縫い合わせて仕上げていきます。カーブしている裾に沿って縫わなければいけないので、高い技術が必要です。


釦付け


釦の付く位置に印を付け、その位置に1つずつミシンで取り付けます。


縫製仕様チェック&糸始末


仕様検品は、デザインやカフスの形など、様々な仕様の確認と糸始末も行います。また、指定通りのオプションに間違いが無いように検査をしていきます。


アイロンがけ


検査の終わったシャツは、1着1着ずつアイロンで丁寧に仕上げていきます。


たたみ


お客様の喜ぶ顔を思い浮かべながら、プレスしたシャツを手作業でたたんでいきます。


検針


最後のチェック、出来上がりのシャツに針が残ってないか、検針器を通してチェックします。どんな小さな金属でも混入していれば、この検査を通過することはできません。


完成


数々の工程を経て1枚のシャツが出来あがりました。あとはお店でお客様のお手元へお渡しとなります。