オーダーシャツのビッグヴィジョン
オーダーシャツ店舗

シャツの豆知識

日常で使えるシャツの豆知識をご紹介します。

2017年

10月

02日

シャツの正統派ネーム位置

シャツの正統派ネーム位置

オーダーシャツにネームを入れる場合、二の腕やカフスに入れるケースが多いですが、正統派の位置は左わき腹にさりげなく入れるのが正解。

 

シャツは本来下着でありネームは他人に見せる物ではなく、自分の物であるという証明につけるものです。

 

大きさも小さい方がエレガントで、色もあまり目立たないシャツと同系色がお洒落です。

 

またシャツは本来ポケットは付けないので、ポケットも付けずに左わき腹にネーム!

 

違いの分かる男の着こなしです。

とは言ってもオーダーシャツを楽しむなら、ちょっとひねった位置にネーム刺繍を入れるのも楽しいものです。

 

スポーツもそうですが、基本をマスターして、自分流のスタイルを見つけ出すのも良いと思います。

 

正統派の位置を理解して、遊び心のある位置にネームを入れる...

 

 

これもオーダーシャツの楽しみです。

 

 

 

ネームはイニシャルを入れる方が一番多く、例えば「鈴木一郎」なら「I.S」と入れるケースが多いかと思います。

 

最初の一文字で後は省略なので、正しくは「I.S.」となります。ちょっとした拘りですがお試しください。

 

他にも「Ichiro」とニックネームで入れたりするのも楽しいですよ。

2017年

9月

06日

カジュアルシーンもオーダーで

カジュアルシャツもオーダーで

最近のスーツはタイトなシュルエットが多いので、ビジネスシャツも合わせてジャストフィットで仕立てたいですね。

 

一方、休日のカジュアルシーンではリラックス感が欲しいもの...

 

でも、キリットしたスタイルはキープしたい!

 

そんな時、既成品のカジュアルシャツだと、ゆとりやデザインでリラックス感が有り過ぎる事も多いかと思います。

 

オーダーシャツなら好みのサイズで作れるので、ビジネスシャツより「ややゆとり」を持たせる事も可能。

ジャストフィットならずジャストルーズでお仕立てしてはいかがでしょう。

 

また、カジュアルテイストの生地でも、衿やカフスをビジネスシャツの仕様(衿の高さやカフスの巾)で作れば程よいリラックス感の完成です。

ビジカジスタイルもオーダーシャツでジャストフィット

2017年

7月

05日

ピンクのシャツの魅力

ピンクのオーダーシャツ

ピンクのシャツはいかがですか。

 

なかなかピンクのシャツは「なんだか女性っぽくて、チョット着づらいな...」と言う方もいらっしゃるかと思います。

 

色のイメージも「かわいい・やさしい」等の女性的なイメージですが、意外と大人の男性によく似合う色です。

 

男性がピンク色を身につけると女性とのコミュニケーションを取りやすくなる効果が期待できます。

 

余裕を感じさせるピンク色は、話をきちんと聞いてくれそうな社交的なイメージを演出できるので、ピンクのワイシャツやネクタイを着ていると会話のきっかけにもなります。

 

勇気をだして着てみてはいかがですか。

 

2017年

6月

02日

麻(リネン)の魅力

ALBINI(アルビニ)オーダーシャツ 麻(リネン)

夏シャツと言うとCOOLMAXやCODE CIEのような機能素材が有りますが、

天然素材の良さを追求するなら麻(リネン)が一番です。

 

麻の歴史はとても古く、人が麻を使い始めておよそ“一万年!”人類最古の繊維と言われています。天然繊維のなかでもっとも涼しい繊維といわれ、温度や湿度の高い季節に適した植物繊維素材です。

 

世界には、数十種類の特徴の異なる麻があり一般的なものではリネン(亜麻)・ラミー(芋麻)・ヘンプ(大麻)・ジュート(黄麻)です。その中で衣料用繊維として「麻」と品質表示できるものは、ラミー(ramie)とリネン(Linen)の2種類になり、そのの名で一般的にシャツやジャケットに使用されているものは、しなやかな肌ざわりと上品な光沢を持っている「リネン(Linen)」になります。

 

特徴は、さらりとして張りのある感触で水分をすばやく吸い、乾くのが早いということです。その理由は繊維の中心が空洞になっているからです。その上、天然繊維の中で最も丈夫で、コットンの2倍、ウールの4倍を誇る強度は水に濡れるとさらに増します。

 

だからジャブジャブ洗濯しても痛みにくく、長いものでは10年、20年と使えるものもあります。この耐久性から、日本では消防のホースにも使われていました。大航海時代には帆船の帆に使用されたことが、ヨーロッパで麻産業が発達した理由と言われています。

 

天然繊維の中で最も吸湿(吸汗)・速乾性に優れ、汗をかいてもべとつかず、清涼感があり、肌ざわりもひんやり&さらっとして気持ちが良く、まさに夏の素材です。

 

でも、反面「すぐシワになるので、どうも・・・」という方もいらっしゃるかと思いますが、

そんなデメリットを上回る魅力が有るのが麻です。

 

ぜひ店頭でお手に取ってその質感をお試しください。

 

ALBINI(アルビニ)麻シャツ

 

 

シャツだけでなく麻のジャケットもいかがです。シルク(絹)・ウール(毛)・リネン(麻)の3者混と呼ばれるシリーズで、混紡させる事により、各素材のメリットを生かしてデメリットを補え、見た目の風合いも魅力の有る生地です。

 

NET限定企画、6/2~18迄開催しています。

 

ロロピアーナ サマータイム オーダースーツ

2017年

4月

03日

クールビズをオーダーシャツで快適に!冷感素材COLD ICE(コールドアイス)

クールビズをオーダーシャツで快適に過ごしましょう

皆さん、接触冷感生地という言葉を聞いたことありますか?

 

東洋紡が開発した、これからの季節にオススメのひんやりとした使用感が得られる素材です。

独自の特殊フィラメントを使用し、身体の熱を効果的に逃がし、快適でクールな着用感を保ちます。

綿60%・ポリエステル40%の形態安定生地なのでメンテナンスも楽で、ビジネスにオススメの生地です。

価格 1枚6,000円、2枚で9,800円、3枚なら13,500円

 

【3つの特徴】

1.冷感 特殊扁平断面の効果により、ソフトでサラっとした風合い。

2.涼感 汗をかいた時に特殊断面の効果で、吸水・拡散・乾燥スピードが向上、気化熱の発生を促進して熱を放出して冷却する。

3.ドライ感 特殊扁平断面の効果により、吸水速乾性に優れています。

 

COLDICEの生地一覧

 

COLDICEの機能説明

 

オーダーシャツの着心地に、高機能素材の効果が加わりクールビズを快適に過ごせます。