オーダーシャツのビッグヴィジョン
オーダーシャツ店舗

スタイルのPOINT

2017年

3月

09日

涼しく快適な素材COOLMAX(クールマックス)

オーダーシャツ COOLMAX(クールマックス)

皆さん、COOLMA(クールマックス)というロゴは、一度は目にしたり聞いたことが有るかと思います。

 

インビスタ社が提供するファブリックブランドのひとつCOOLMAX(クールマックス)。もともとスポーツウェアに使われることの多い素材だけに、通気性・吸水速乾性に優れ体温調整機能・ドライ機能もお墨付きです。クールマックスの乾燥速度は“綿の5倍強”といわれ、吸水速乾性の素晴らしさがうかがえます。

 

通気性・吸水速乾性に優れた、涼しく快適でドライなシャツ素材。洗濯後の乾きも早くイージーケア性でアイロンがけなどがしやすく、クールビズに最適なビジネスマンの味方です。また、速乾性があり洗濯後は素早く乾くので出張や旅行にも最適です。

 

その名前から夏の素材と思われがちですが、暑い時には体から汗を吸い上げ素早く蒸散し涼しくドライな着心地を保ちます。寒い時には繊維構造により暖かさを保ち、パフォーマンスを引き出します。

 

自分の身体にフィットするオーダーシャツが、COOLMAX(クールマックス)で更に快適に着用できます。肌触りの良い綿100%の生地と比べても負けない柔らかな肌触り、暑い時期の素材として一度は試してみる価値の有る生地です。

 

見た目だけでなく実際に涼しく快適なシャツで、クールビズをスタイリッシュに過ごしましょう♪

 

COOLMAXの生地一覧  COOLMAX(クールマックス)のホームページ

2016年

12月

01日

今季注目の襟型は?

オーダーシャツの注目襟型

今季はクラシックスタイルが注目されていて、キーワードは「ドレス回帰」

 

次の4つの襟型が注目されています。

 

【セミワイドカラー】

ワイドカラーより開きが狭く、落ち着いたドレッシーな雰囲気を醸し出しています。

 

【タブカラー&ピンホールカラー】

タブかピンで襟元を締めるタイプ。首元がコンパクトにまとまり、ベスト着用で狭くなったVゾーンとベストマッチ。

 

【ラウンドカラー】

襟元が丸くカットされていて、優雅で柔らかい印象を与えます。

この中でタブカラー&ピンホールカラーが新鮮でオススメ!

 

007でダニエルクレイグも着ていますが、襟元が引き締まって精悍なイメージになります。

ネクタイはコンパクトにシングルノットで、ディンプルもきちんと付けましょう。

 

クレリックにするのも、クラシックの雰囲気が漂って良いですね。

 

ピンホールカラーでネクタイを組み合わせてみましたので、参考にご覧ください。

2016年

8月

22日

艶の有る襟型

お盆休みも終わり、空きの気配を感じるこの頃いかがお過ごしでしょうか。

 

クールビズに人気の襟型と言うとボタンダウンですが、イタリアンカラーもオススメです。

 

ボタンダウンがスポーティーな夏のイメージなのに対して、イタリアンカラーは艶の有る襟型として秋のコーディネートにマッチします。パンツを綿パンにすれば、カジュアル感も演出できオフタイムのコーディネートにオススメ。

 

10月末までがクールビズ期間なので、ぜひ一度お試しください。

 

ご来店をお待ちしています。

2016年

5月

17日

クレリックシャツ(cleric shirt)の由来と着こなし

 

クレリックシャツ(cleric shirt)をご存知ですか?

 

身頃が柄または色無地で、衿やカフスが白無地になっているシャツの事です。

 

クレリックシャツは和製英語で、英語での正式名称は「カラーセパレーテッドシャツ」「カラーディファレントシャツ」「ホワイトカラーシャツ」と呼ばれています。

 

元はドレスシャツとしてではなく労働着として着られていて、汚れたり擦り切れたりしたら衿(あるいは袖)のみを取り替えられるように汎用性の高い白生地にしたという事です。

 

日本でクレリックシャツと呼ばれるようになったルーツは諸説ありますが、ひとつは、「CLERIC」とは「牧師・神父・聖職者」を意味する言葉で、牧師が着ていた白い立ち衿の僧服に似ているところから名付けられたという説です。

 

また、牧師などが着る白い立ち襟のことを「クレリカルカラー」と呼ぶので、「クレリカルカラーシャツ」がクレリックシャツになった説も有りますが、牧師さんがルーツなのは間違いないようです。

クレリックシャツの写真

元は労働着から由来したという説や、フォーマルシャツとは白無地のシャツと言われていることから、クレリックシャツはフォーマルシャツではないという意見もありますが、白無地の無表情さにくらべるとエレガントで慶事の着用は良いかと思います。

 

このクレリックシャツは、1920年代にイギリスで流行して英国王室でも愛用され、2005年の英チャールズ皇太子が結婚式で着たことで英国王室が認めるフォーマル服の仲間入りをしたという見方もあります。

 

ロンドン紳士たちの間で大流行していただけに、英国調のクラシックイメージを醸し出すには最適。ブリティッシュトラディショナルで決めれば、いつもと違う男のダンディズムが漂います。

 

また、クレリックシャツは衿とカフスが白で清潔感のある雰囲気を醸し出し、上品でドレッシーに見えるので女性からも評価も高いと思います。

 

衿とカフスが白なのでネクタイも合わせやすく、色々とコーディネートが楽しめる万能なシャツです♪

 

写真のシャツ:ZC2-3022 ブルー ヘリンボーン

写真のネクタイはこちら

 

お気に入りのシャツの衿やカフスが擦り切れたり汚れて、泣く泣く手放した事は有りませんか?

 

ビッグヴィジョンのオーダーシャツでしたら、衿やカフスをそれぞれ1,500円で新しい白い生地に交換する事が可能です。お気に入りのシャツが新たにクレリックシャツとしてよみがえります!

 

ぜひ、一度お試しください。

2016年

5月

02日

クールビズにオススメの衿型

オーダーシャツ カッタウエイ

いよいよ5月からクールビズがスタートしました!

 

まだネクタイ着用の方も多いですが、GW明けから段々とノーネクタイの方も多くなって来ると思います。

 

さて、クールビズ用の衿型で衿にボタンが2つ付いたデュエボットーニが流行しましたが、もともとはイタリアンクラシコスーツ用でネクタイの結び目のボリュームに負けないよう衿を高くしたのが始まりです。

そうすると、クールビズ用にネクタイを外してデュエボットーニのシャツを着用するのは本来の目的から外れているのですが、ノータイで衿が高くカッコイイのでクールビズ用シャツとして定着しました。

その後、ボタン付糸やステッチに色糸を使うのが流行し出したので、本来のクラシックな意味合いが薄れスーツ姿には合わないかと思います。

 

それでは、ネクタイをしたスーツ姿にもクールビズのノータイでもカッコイイ衿型はなにかと言うと...

 

ノータイで着用した時の衿の開き具合が絶妙で、人気の出てきているのが写真の「カッタウエイ」とても小粋な衿型でオススメです。

 

ぜひ一度お試しください、ご来店をお待ちしています。

2016年

3月

15日

イタリアンカラー(ワンピースカラー)はいかがです

担当の柳川です。

 

クールビズで人気のイタリアンカーラのご紹介です。

 

別名「ワンピースカラー」とも呼ばれ、台衿と言われる部分が無く、衿と前立ての裏部分がオープンカラーのように1枚の生地でつながって出来ています。

 

イタリアンカラーの最大の特徴は、何といっても衿から第一ボタンにかけてできるきれいなロール。

 

ノーネクタイでもカジュアルに成り過ぎず、大人の色気を醸し出してくれます。

 

イタリアの伊達男をイメージして、思い切った生地で仕立ててみてはいかがでしょう。

 

カンクリーニ SH405-06 白地にブルーを基調としたリバティープリント

 

ビジネスシーンでも、個性を発揮してファッションを楽しみましょう。

2016年

2月

25日

刺繍オプションも楽しめます♪

担当の柳川です。

 

まだ寒い日が続きますが、すぐにクールビズの季節がやってきます。

 

みんなが同じシャツ姿になる中、刺繍オプションで個性を出してみませんか。

 

イニシャルを左袖の肩に入れる方が一番多いですが、カフスに入れるのもお洒落です。

私はカフスにニックネームで「yana」と入れてます。

 

他にも可愛いイラストなどもあり、マリンスポーツが好きな方は「イルカ」、ペットが好きなら「犬」や「猫」も有ります。刺繍以外に、カフスのボタンをツインバレル(ボタンが縦に2つのタイプ)にしたり、ボタンホールを色糸にする事も出来ます。色々と遊べるオーダーシャツ、皆さんはどんな楽しみ方をしますか。

 

Business TC(綿とポリエステルの混紡生地)なら、1枚6,000円、3枚なら13,500円とお買得♪

 

3枚写っている写真は「Business TC」左から、

ZA1-0068 ブルー ストライプ

ZA1-0069 グレー ストライプ

ZA1-0062 サックス グラフチェック

 

ビジネスシーンでも、個性を発揮してファッションを楽しみましょう。

2015年

12月

24日

人気の衿型をご紹介します

担当の柳川です。

 

アトレ亀戸店の笹生店長が仕立てたオーダーシャツ。

 

ギンガムチェックとパープルのシャツの衿型はカッタウエイ、襟が広い角度になっていてネクタイをしてもノーネクタイでも様になるので最近人気の有る衿型です。

 

衿先の丸まったラウンドカラーは前立てもクレリックにして、襟にネームを入れて遊び心を出してます。

 

まだまだ色々と遊べるオーダーシャツ、皆さんはどんな楽しみ方をしますか♪

2015年

11月

19日

ネームに遊び心はいかがです


アトレ亀戸店でお作りになられたお客様のオーダーシャツ。

 

オーダーシャツならではの遊び心で、襟にネームを入れられています。

 

「目立つのはどうも...」と言う場合は、イニシャルだけをワンポイントに入れてはいかがでしょう。

 

白のシャツは衿型もラウンドカラーでお洒落ですね。

2 コメント

2015年

7月

24日

オススメの衿型(カッタウェイ)

オススメの衿型(カッタウェイ)


担当の柳川です、梅雨も明け本格的な夏!


クールビズの主役はなんといってもシャツ。

街中を見るとボタンダウンが多いですが、お洒落な人は飽きているかと思います。


そんな時にオススメなのが「カッタウェイ」、衿先が広がっていてノータイの時もスッキリと見えます。タイドアップの時はニットタイで少しカジュアルな感じで合わせても良いし、まだ着た事の無い方は是非試して頂きたい衿型です。


某百貨店のメンズ館でもカッタウェイが多く飾ってあったし、人気のシャツショップでもオススメの衿型になっています。


若い人だけでなく年配の方も着てみてください。


私(50代)も着ています♪


生地:ALBINI SH721-01薄いブルーのストライプ